学校ファーム                                                  

 2012年度
6月5日午前9:30スタート
H小学校、O中学校50名が田植え前の注意説明を良く聞いて作業が始まりました。
初めての田んぼに、こわごわと入って、苗の手植えを開始しました。
足が泥に取られて、なかなか作業が進みません。中学生は真剣に田植えをしました。ふざける子も見えませんでした。さすがに中学生です。
帰る時間が来たので、作業を終えて足を洗います。
きれいな水で仕上げの清掃です。
さようなら。11:30学校に帰って行きました。とても個性ある生徒達でした。まじめで、しっかり挨拶するA君。フレンドリーですぐ仲良くなって、握手するB君、田んぼを嫌がって、なかなか入れず、先生が抱いて入れたC君、とてもかわいくて、お人形さんのようで、やさしくて礼儀正しい皆に好かれているDさん。どの子も素敵な、生徒達でした。少人数クラスなので、困っている子にはすぐ手助けするし、皆仲良しで良い雰囲気のクラスでした。この子たちとの再会が楽しみです。
6月5日午後1:30スタート
M小学校5年生130名が勢揃いして、作業前の注意事項を聞いています。
一列横隊になって、田んぼに入ります。なかなか田んぼに入れない子がいて、クラス単位での作業が始まりません。キャーキャー言うばかり。それでも、皆が待っているので、田んぼに入りましたがやはり、キャーキャー叫んで、なかなか始まりませんでした。馴れてくると、皆と一緒に田植えが出来るようになりました。
号令に従って次々と苗を植えます。
ほぼゴールまで行ったので、田んぼから上がります。泥をはねながら、走ったりして戻るので、衣類は泥はねだらけ。転んでズボンが泥だらけになった子もいました。大なり小なりどの子も泥で汚れました。
用水の水でまず、大量のどろを落とします。
仕上げに、持ち込んだ、水道水であらいます。タオルなどで、手足など上手に洗えない子もいました。「道具を使えない」子が増えていて、どろだらけの靴下を良く洗えないのもその一つ。きっと洗濯というものを手でした事がないのでしょう。そういう点からみて、今回の体験を通して沢山の事を学んだ事でしょう。
「感想を言って下さい」に大勢の子が手をあげました。代表1名の感想発表。
「最初は嫌だと感じたけど田んぼに入って、泥の感触に触れて最後は楽しかったです。」
この感想に全員大拍手。「同感」という意味でしょう。
最後は機械植えを見学して、皆驚きの声。「こんなに早いんなら俺たちはいらないじゃない。」という声に、「自分で植えた苗が育って、食べるご飯はきっとおいしいよ。」それでも機械植えの早さや仕上がりのきれいさを見て、最後に大拍手でした。
サプライズ

ナマズを生け捕りしました。体長は40cm位ありました。子供達がさわりたがり、次々と触って行きました。皆が帰った後で、鯰は川に戻しました。
 8月18日生きもの調べ
初めての「生きもの調べ」、やり方を説明してもらいます。
網とケースを受け取って、さあ田んぼの周りで「生きもの調べ」を開始。
どんどん遠くに足が進んでしまいます。
皆が夢中で、生きものを探しています。
次々と生きものを捕まえては、センターに持ってきて、名前を記録します。
本日はこんなに、生きものを捕獲できました。
捕獲した生きものの解説をしてもらい、無事に終了しました。
 9月27日稲刈り
鎌の使い方を教えてもらいます。
稲はこんなに育っていました。
次々と稲刈りを進めます。どんどん早く刈れるようにようなりました。
刈った稲を束にしてワラで結びます。これが一番難しい。
結ぶのも皆でやれば上手になります。
予定を無事終えました。
 10月5日稲刈り(小学5年生130名)
初めての稲刈り授業。最初はスピードが早かったけれど・・・・
初めに稲刈りの注意ややり方を聞きます。
一列になって作業開始。稲を刈る人、刈った稲を並べる人と役割を分担しました。
刈り取った稲がどんどん積み重なっていきます。
目標達成。早くも稲刈りを終了しました。
刈った稲を束にして脱穀します。順番に脱穀機に運びます。
脱穀した籾をトラックの荷台に機械が自動的に移動しています。
一列になって学校に帰ります。
 2013年度

5月29日

O小学校5年生150名が田んぼに集合。
田植の基本説明を聞いてから、いよいよ一列に並んで田んぼに足を踏み入れます。これが、以外と大変。ドロンコになるのが初めての子もいて、なかなか泥になじめません。
仲間が次々と田んぼに入るに従い、嫌がって等居られません。全員がドロンコに足を入れて、指示にしたがいながら、一つ一つ苗を植えて行きます。
最初はぎごちない手つきで下が、子供は素直なせいで、馴れるのが早い。次々と植えて行きます。2時間程の田植え作業でしたが、学校給食までに帰校しなければならず、作業はここまで。2台のバスで全員予定通り、帰って行きました。あの賑やかな田植も子供達がいなくなると、元の静かな田んぼになりました。
 10月10日稲刈り
市内のO小学校5年生が畦道を歩いて来ます。なが〜い列でした。5年生4クラスの皆さんです。
同じく市内H小学校の一行が歩いて来ます。こちらは小さい子もいます。1クラスの子どもたちです。
到着したら、荷物を整理してすぐ説明を聴きます。稲株の握り方、鎌の使い方、稲束の揃え方など。
「今日ご飯を食べた人?」「パンを食べた人?」 ご飯派が多数でした。
鎌を使って稲を刈る係(赤帽)と刈り取った稲をコンバインに運ぶ係(白帽)にわかれて、作業開始。
コンバインへどんどん稲を運びます。少々暑くなってきました。
鎌の扱いも上手になり、稲刈りが順調に進みます。
残りもあと少しになりました。
刈り取る稲も無くなりました。刈り取った稲を拾い集めて落ち穂拾いです。
2校同時の稲刈りですから、小さい子もいます。
こちらは人数も少ないので、適度の広さで稲刈りをしました。
稲を積上げたら、自分の背より高くなってしまいました。
稲刈りを無事に終えて、学校に帰って行きました。この後給食で、ご飯を食べながら今日の稲刈りを思い出す事でしょう。
 2014年度
6月3日

M小学校150名が午前中、体験授業をしました。
天候に恵まれ、初めての楽しい授業でした。
6月3日
O小学校150名が午後、体験授業を行いました。
友達と楽しい授業で思い出が・・・
 2015年度 6月5日9:00〜15:30の間で4校が田植の体験授業を行いました。
9:00 1校目の田植。最初なので、自分の植える所をしっかり確認して、作業開始。
大人のフォローでどこにどのように植えればよいかを学びます。
少しづつ体験して慣れてきます。
履物をこっそり撮影しました。きちんと揃えられていました。
田植を終えて、畦に上がるのですが、滑って上がるのが大変な子もいます。
楽しかった思い出をお土産に、さようなら。
10:30から2校目の授業です。自分の場所を確認してさっそく田植をするのですが・・・
田植よりも生き物を見つけては追いかけ廻し、上手に捕まえる子がいましたが体は泥だらけ。
午前最後の3番目は中学生です。
行儀良く、先生の話を聞いていました。
後ろ側から田んぼに入りましす。こわごわと入る生徒もいましたが、すぐ慣れました。
早く上手にできました。
13:30から4番目の学校です。143名の小学五年生の長い列がこちらに歩いて来ます。
皆さん元気なあいさつから始まり、この日を楽しみにしていた笑顔ばかり。
苗を持って、畦に並んでから田んぼに入ります。大勢の仲間と一緒だから、テキパキ進みます。
泥んこの中に入る時はあちこちで歓声があがり、賑やかです。それに負けじと先生が大声で号令をかけます。
一列になって、田植の始まり。一斉に苗を植えます。
チームワークが良いので、声を掛け合いながら一斉に田植をしていました。
どの子も真剣ですが、楽しそうな笑顔。泥んこになるのも気に掛けず、田植を進めます。
予定より早くゴール。畦に上がって記念撮影のポーズ。
泥んこのズボン姿は誇りにさえ感じます。とてもうれしそうでした。
シャツも泥んこです。これから用水を使って泥を落とします。
泥んこの靴下を下げて泥を落としやすくして、
用水の中を歩きながら泥を落とします。
バケツに入れた水で仕上げます。
着替えを済ませて、最後のあいさつをします。
15:30予定通り帰路につきました。おしゃべりが賑やかな帰り道でした。
 10月15日快晴の日に4校の生徒達が稲刈を行いました。9:00〜15:30
9:00HN小学校の生徒から稲刈りが始まりました。Nさんへの挨拶、注意を受けていざ稲刈開始
安全の為、スタッフと父兄がそばで見守ります。稲刈鎌の使い方、稲の持ち方・・・・
稲刈りを終えて、Nさんがコンバインで稲を刈り取る様子を見学。
刈り取った稲をホッパに空けて、終了。その速さに拍手喝采でした。
稲刈りを終えて、「田んぼの生きもの」を写真パネルで説明。生き物にはどの子も興味あります。
10:30HY小学校とHU中学校の稲刈授業が始まります。まずは挨拶と注意の説明から。
スタッフ、父兄見守りの中で稲刈鎌を使った稲刈が進みます。
刈り取った後の落ち穂拾いをしています。
稲刈りを終えて、コンバインを使った機械の刈り取りを見学します。
田んぼの生きものの話を真剣に聞いています。
昼食休憩の後、13:30にO小学校5年生4クラスの授業が始まりました。挨拶と注意の後、稲刈授業開始
140名を超える生徒達ですが、全員を写すには、こんなに小さくなってしまいます。
人手が十分あるので、作業も早く、短時間で稲刈を終えました。
刈り取った稲は束にして、次々とコンバインに運びます。
チームワークが良いので、山積みした稲はすぐに無くなりました。まるでクラス対抗の運動会みたいです。
落ち穂拾いをして、田んぼをきれいに片づけました。このあとは、コンバインによる稲刈と生きものの説明でしたが、大勢の生徒が真剣に見る様子を想像して下さい。

topへ