見沼見聞録                                        

 彼岸花の遊歩道

彼岸花満開

 用水沿いでは彼岸花が秋を告げます。

 見沼田んぼの東縁には「見沼代用水」があり、用水沿いに桜並木が延々と続いて、遊歩道になっています。
 10月になると彼岸花が一斉に咲き誇っています。
2012年10月1日

夜中の台風17号通過後の、快晴の朝、沢山の人たちがヘルシーロードで散歩を楽しんでいました。
 2013年9月
2013年9月21日

彼岸花が咲き始めました。
9月29日

満開になりました。今がピークです。
 2015年9月
2015年9月13日

クリーム色の彼岸花が満開でした。赤色の彼岸花はまだ蕾で、まもなく開花します。
この色の彼岸花は少数派です。どこにあるのかしらと歩き探してようやく見つかる程度です。
2015年9月21日 

赤い彼岸花が満開。見物人が沢山いて賑やかです。
彼岸花の先には新加田屋田んぼが。

 桜回廊2013年4月
 4月になると、桜花並木が延々と続きます。


 2013年4月10日の桜花。加田屋田んぼから用水を見ると、満開の桜花が延々と続いています。
 咲き始めから散るまで前後一週間しかありません。これが終わると、いよいよ田んぼの作業が本番となります。

 2015年4月1日満開の桜と田んぼ
2015年4月1日
メタセコイアと重なり、不思議な桜並木となりました。
新加田屋田んぼと桜
加田屋田んぼと桜
メタセコイアと桜並木。メタセコイアは伐採が進んでいます。この光景、いつまで見られるか?
母と幼児を連れた親子がグリーンロードを散歩中。

ひまわり畑2012年10月
10月8日

ひまわり畑が見事です。
2013年9月29日

ひまわりが満開です。
2015年6月14日

ひまわり畑が復活です。
6月14日
 コスモス畑2013年
2013年10月10日

コスモス祭り会場のコスモスが見ごろになりました。会場南方面です。
会場北方面のひとこまです。
純白のコスモスがきれいでした。
 さいたま市農業祭 2013年11月
毎年11月中旬の土日に「さいたま市民農園:見沼グリーンセンター」で農業祭りが開催されます。市内で作られた農産物の販売が目的で、野菜、花卉、肉およびそれらの加工品などが販売されます。

メインステージでは、歌や踊りが。観客は満席でした。観客は多分関係者ではないかと・・・・・
野菜は新鮮が売り物。そして安い。さいたま市内の農業関係者が直売しています。各区それぞれ店を張っていますので、お客さんはあっちの組合、こっちの組合と品選びにうろうろ。結局j両手に一杯の買い物袋を提げて、重そうです。
蜂蜜は缶入りで、アカシアが4万円。だれも手が出ないようです。
新潟県からの出店。魚沼コシヒカリのおにぎりは長蛇の列でした。
千葉県からの出店。鯨コロッケ200円、鯨フランク300円。どんな味でしょうか。
 市農業祭2015年11月
11月25日(土)

9時からグリンセンタで農業祭開催。今年は清水市長の挨拶でスタートしました。
9時開場ですが、例年、開場前から真っ先に長蛇の行列ができる場所があります。それは・・・
「大玉リンゴ袋詰放題」コーナーです。口コミで伝わり、年々行列が長くなります。多い人で大玉17個も詰めました。入り口で袋を購入し、順番に人数単位で、入場します。夫婦で重そうに持ち帰るのを見かけました。大玉34個2千円也。場外ですぐ丈夫な袋に入れ替え、両手を重そうにして駐車場に向かっていました。
朝一番の野菜のコーナです。売り場が分散しているので、ここは空いていました。良いものはやはり早く確保するに限ります。
ここは花卉のコーナです。鉢植えなので、買いすぎると持ち帰るのが大変です。
冬の花々です。重いのですが、慣れた人はさすがです。台車持参で複数鉢購入していました。
果樹も沢山出品されています。ここでは多品種の柑橘苗木を扱っています。苗木は数か所で販売されていますので、良く見て回り、品質、値段などを調べて購入する事です。但し植えるに当たっては事前に植生の知識が必要です。果実は特に、事前学習が必要で、珍しい品種は高価なので、枯らすと高い買い物になってしまいます。
 見沼自然公園 2013年12月
12月2日

子供連れの親子や高齢者が水辺に来ている静かな所。
水鳥がたくさん餌を待っています。餌付けをする人が多いので、鳥たちは人を怖がりません。
人のそばに集まってきます。
餌付けをして、楽しんでいます。
5月1日

色とりどりの花が満開でした。
 見沼田んぼで養蜂 2015年4月
4月26日

年初頃から養蜂箱が置かれ、まだ蜂はおとなしかったのですが、陽気が良くなり、花が咲き乱れるようになって、蜜蜂が活発に活動を始めていました。

5月には他に移動してしまいましたので、跡かたもありません。
 総持院の牡丹 2015年5月
5月1日

総持院の牡丹が満開でした。連休前に行きましたので、境内の牡丹苑は閑散として、ゆっくりとお花を楽しむことが出来ました。陽気が良いので、牡丹は散り始めていました。
境内には沢山の牡丹が咲き乱れ、美しいのですが、カメラで忠実に色を再現するのは困難です。やはり現物を見るのが一番です。
 見沼区民祭り 2015年11月
11月7日
9時OPEN。大勢の人が目当ての場所に向かいます。
さいたま市と言えばサッカー。サッカボールの中で何して遊ぼう。
バザー会場は超満員。安いものが沢山ありますが、早い者勝ち。
食べ物はどこも行列。
射的は珍しく行列。3発100円。
大宮アルディージャのマスコットは写真に人気。
見沼区内郵便局のマスコットは子供に人気。
岩槻区から応援出店。
さいたま市の六日町山の家からもち豚のバーベキュー
東北の応援で「牛タンつくね」が人気で行列。収益は支援金に廻されます。
私の担当は、見沼田んぼでとれた野菜の説明。半日しゃべり通しで喉が嗄れました。
 氷川女体神社竜神まつり2017年

5月4日年に一度、国昌寺の門が開き竜神が氷川女体神社までねり歩きます。
竜は神社に安置され、神官、巫女による祭礼が行われます。
神楽舞奉納で竜神への儀式が終わります。
地区の団体がヘルシーロード沿いに竜神を奉納。竜が今にも動き出すような見事さです。

top