水質と生育                                        back

 水質検査と生育調査
水質検査



パックテストで水質を測定します。この測定項目は”COD”、”NO3”、”PH”の3種類です。
COD:Chemical Oxygen Demand(科学的酸素要求量):水中の汚れを数値化したもの。
NO3:(窒素酸化物):アンモニア性窒素の酸化で発生する。水質汚染指標の一つ。
PH:Potential Hydrogen(水素イオン指数):酸性、中性、アルカリ性を測定します。
パックの中に試薬があり、そこに水を入れて、色の変化を見ます。標準色と比べて数値を記録します。
透明度の測定です。筒の中に試料を入れて、上から覗きます。マーカの十文字が見える位置まで、マーカを移動させて、距離(水深)を記録します。
上部から筒を覗くと、このようなマーカがあります。糸で上下させて、見える位置を記録します。
生育調査



葉色カラースケールを使用して、稲の葉色を調べます。
一番近い色を見つけて、数字を記録します。1〜7まであります。時期により、色は変化します。
稲の長さを調べます。生育状態がわかり、生育が遅いのか徒長なのか分かります。時期により、日々変化しています。
株数を調べます。成長に従って株数が増えるので、それを調べ発育状況を把握します。